強い勢力の台風5号は、6日朝には勢力を維持したまま九州に接近し、その後九州南部や四国に上陸する恐れがある。熊本県や大分県でも今後雨量が増えると予想され、気象庁は、地震や豪雨災害の被災地での厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風は5日正午時点で、鹿児島県・屋久島の南約80キロの海上を北北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 速度が遅いために同じ場所で雨が降り続いており、奄美地方では「50年に1度」規模の大雨となっている。鹿児島県瀬戸内町では、レーダーによる解析で1時間に120ミリ以上の雨を観測し、「記録的短時間大雨情報」を発表した。奄美市名瀬港町では、5日午前10時までの24時間雨量が400ミリを超えるなど各地で8月の最多を更新している。

 台風は6日昼ごろに九州南部に上陸する恐れがあり、7日には四国から西日本を縦断するように北東へ進むとみられる。6日正午までの24時間雨量は、多いところで、九州南部、奄美地方で500ミリ、九州北部で200ミリ、四国180ミリ、近畿80ミリ。さらにその後の24時間で、九州南部300〜500ミリ、九州北部300〜500ミリ、四国400〜600ミリ、近畿300〜400ミリと予想している。