大阪港の人工島、舞洲(まいしま)(大阪市此花区)で5日、野外音楽フェスティバル「ウエスト・ジャイガンティック・シティランド」が開かれた。大阪港開港150年の記念イベントとして今年から始まった。

 興業会社キョードー大阪の主催で、大阪発のフェスとしては最大級。2日間で50組以上のアーティストが出演し、計3万3千人の来場を見込む。初日は35度を超す炎天下、ゆずら人気アーティストが会場を沸かせた。

 6日は久保田利伸、斉藤和義、平井堅らが出演し、会場で当日券の販売もある。大人9800円、小学生5千円など。キョードーインフォメーション(0570・200・888)。