6日午前に広島市で開かれた平和記念式典で、こども代表が述べた「平和への誓い」の全文は次の通り。

     □

 原子爆弾(げんしばくだん)が投下(とうか)される前(まえ)の広島(ひろしま)には、美(うつく)しい自然(しぜん)がありました。

 大好(だいす)きな人(ひと)の優(やさ)しい笑顔(えがお)、温(ぬく)もりがありました。

 一緒(いっしょ)に創(つく)るはずだった未来(みらい)がありました。

 広島(ひろしま)には、当(あ)たり前(まえ)の日常(にちじょう)があったのです。

 昭和(しょうわ)20年(ねん)(1945年(ねん))8月(がつ)6日午前(むいかごぜん)8時(じ)15分(ふん)、広島(ひろしま)の街(まち)は、焼(や)け野原(のはら)となりました。

 広島(ひろしま)の街(まち)を失(うしな)ったのです。

 多(おお)くの命(いのち)、多(おお)くの夢(ゆめ)を失(うしな)ったのです。

 当時小学生(とうじしょうがくせい)だった語(かた)り部(べ)の方(かた)は、「亡(な)くなった母(はは)と姉(あね)を見(み)ても、涙(なみだ)が出(で)なかった」と語(かた)ります。

 感情(かんじょう)までも奪(うば)われた人(ひと)がいたのです。

 大切(たいせつ)なものを奪(うば)われ、心(こころ)の中(なか)に深(ふか)い傷(きず)を負(お)った広島(ひろしま)の人々(ひとびと)。

 しかし、今(いま)、広島(ひろしま)は人々(ひとびと)の笑顔(えがお)が自然(しぜん)にあふれる街(まち)になりました。

 草(くさ)や木(き)であふれ、緑(みどり)いっぱいの街(まち)になりました。

 平和都市(へいわとし)として、世界中(せかいじゅう)の人(ひと)に関心(かんしん)をもたれる街(まち)となりました。

 あのまま、人々(ひとびと)があきらめてしまっていたら、復興(ふっこう)への強(つよ)い思(おも)いや願(ねが)いを捨(す)てていたら、苦(くる)しい中(なか)、必死(ひっし)で生(い)きてきた人々(ひとびと)がいなければ、今(いま)の広島(ひろしま)はありません。

 平和(へいわ)を考(かんが)える場所(ばしょ)、広島(ひろしま)。

 平和(へいわ)を誓(ちか)う場所(ばしょ)、広島(ひろしま)。

未来(みらい)を考(かんが)えるスタートの場所(ばしょ)、広島(ひろしま)。

 未来(みらい)の人(ひと)に、戦争(せんそう)の体験(たいけん)は不要(ふよう)です。

 しかし、戦争(せんそう)の事実(じじつ)を正(ただ)しく学(まな)ぶことは必要(ひつよう)です。

 一人一人(ひとりひとり)の命(いのち)の重(おも)みを知(し)ること、互(たが)いを認(みと)め合(あ)うこと、まっすぐ、世界(せかい)の人々(ひとびと)に届(とど)く言葉(ことば)で、あきらめず、粘(ねば)り強(づよ)く伝(つた)えていきます。

 広島(ひろしま)の子(こ)どもの私(わたし)たちが勇気(ゆうき)を出(だ)し、心(こころ)と心(こころ)をつなぐ架(か)け橋(はし)を築(きず)いていきます。

 平成(へいせい)29年(ねん)(2017年(ねん))8月6日(がつむいか)

 こども代表(だいひょう)

 広島市立大芝小学校(ひろしましりつおおしばしょうがっこう)6年(ねん) 竹舛直柔(たけますなおなり)

 広島市立中筋小学校(ひろしましりつなかすじしょうがっこう)6年(ねん) 福永希実(ふくながのぞみ)