6日午前6時ごろ、福島県会津若松市河東町八田の国道49号で、同市鶴賀町、無職鈴木久さん(76)の軽乗用車と、同市千石町、無職渡部夏南海(かなみ)さん(18)の軽乗用車が正面衝突した。鈴木さんと、後部座席にいた妻のフミ子さん(70)が市内の病院に搬送されたが、いずれも死亡した。渡部さんも全身打撲の大けがを負った。

 現場は片側1車線で、鈴木さんからみて緩やかな上り坂の右カーブ。会津若松署はいずれかの車が、対向車線にはみ出した可能性が高いとみて調べている。鈴木さん夫婦は仙台市の親類を訪ねる途中で、渡部さんは帰宅する途中だったという。

 現場は、磐越道磐梯河東インターチェンジの入り口近く。車道は黒く汚れ、歩道には細かなガラスの破片が散乱していた。