米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で7日午前、米軍が輸送機オスプレイ1機を飛行させた。沖縄防衛局が明らかにした。オスプレイは5日に豪州で墜落事故を起こして3人が行方不明になっており、小野寺五典防衛相が国内での飛行自粛を求めたばかり。

 中嶋浩一郎・沖縄防衛局長が7日午前、佐喜真淳・宜野湾市長と面会して事故について説明する際、米軍からの情報として説明した。中嶋局長によると、午前11時前に1機を離陸させた、と米軍から連絡を受けた。米軍は「飛行する場合はしっかり安全確認をしている」と説明したという。

 佐喜真市長は「事件事故が起きるたびに宜野湾市民には不安や衝撃、苦痛がついて回る。こういう時期だからこそしっかり自粛してもらい、市民に寄り添ってほしい」と抗議。中嶋局長は面会後、報道陣に「引き続き飛行自粛を求めていく」と話した。

 小野寺防衛相は6日、事故の原因究明と、国内でのオスプレイの飛行自粛を米国に要請。沖縄防衛局からも7日朝、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官に飛行自粛を求めていた。(小山謙太郎)