山梨県山梨市の職員採用を巡り、市長が試験結果を改ざんしたとされる事件で、警視庁が、市長の指示で点数の水増しに関与した複数の職員についても、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で調べる方針であることが、捜査関係者への取材でわかった。

 同容疑で7日逮捕されたのは、山梨市長の望月清賢容疑者(70)。昨年9月にあった採用試験の1次試験で、合格ラインに達していない受験者が合格できるよう点数を水増しし、公文書を改ざんした疑いが持たれている。警視庁は、関与した職員は市長の要求を拒むのが難しい従属的な立場だったとみているが、実行行為への関与が明らかになれば立件の可否を検討する。

 捜査関係者や市関係者によると、1次試験の結果は委託先の業者から電子データなどで市側に通知され、採用担当職員が公文書として書き起こす仕組みだった。この作業に関わった職員の一部は、改ざん前の点数を把握できる立場だった。望月市長らは担当職員からこの公文書を受け取って1次の通過者を決めていたが、この過程で複数の職員に特定受験者の点数を水増しするよう指示したとされる。