スマートフォン向けの「出会い系サイト」アプリを運営したにもかかわらず、管轄の公安委員会に届けなかったとして、愛知県警は8日、川崎市にあるアプリ開発会社経営者の20代の男ら2人を出会い系サイト規制法違反(無届け)の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、同社はチャット相手を募集し、出会った人とメッセージをやりとりできるアプリ「ツートーク」を開発し、運営していたが、経営者の男ら2人は昨年10月〜今年4月ごろ、神奈川県公安委員会に届け出ないまま、インターネット異性紹介事業を運営した疑いがある。

 出会い系サイト規制法は、面識のない異性との交際希望者に関する情報を載せる▽希望者同士が連絡できる――などの要件を満たすサービスに対し、管轄の公安委員会への届け出を義務づけ、利用者の年齢確認などを求めている。県警はツートークが出会い系サイトにあたると判断した。現在はサービスを停止しているという。

 「ツートーク」をめぐっては、アプリを通じて出会った中学生にみだらな行為をした疑いで、群馬県内の男が昨年2月に逮捕されるなどの事件も発生していた。