実際にはない長野県の子育て支援事業にお金を預ければ利子をつけて返すなどと持ちかけ、現金をだまし取ったとして、県警は9日、県職員の妻で、長野市西長野の無職山田明美容疑者(47)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 捜査2課によると、山田容疑者は、同県佐久市に住む40代の知人女性に「長野県には子育てをしている母親を対象にした子育て支援事業があり、その支援事業にお金を預けることができる」「預けてくれれば利子をつけて返す」などとうそをつき、2〜3月に2回にわたり現金計115万円をだまし取った疑いがある。

 捜査関係者によると山田容疑者は、この女性や自らの子どもが通う長野市内の小学校の保護者仲間らに「夫が県職員だから制度を知っている」と持ちかけていた。夫を通じて手に入れた県の公文書を改ざんして相手に手渡し、実際に制度があるように装っていた疑いもあるという。県警は、ほかにも被害者がいるとみて調べている。

 県人事課は「被害に遭われた方から相談があったことは把握しているが、県警に相談しており、コメントはできない」としている。