台風5号が運んだ暖かい空気の影響で、9日は東日本から西日本の太平洋側で気温が上昇した。東京都心で37・1度と今年の最高気温を更新し、全国60地点でも35度以上の猛暑日となった。気象庁は関東から九州の広い範囲で高温注意情報を出し、熱中症に注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると、午後3時までの最高気温は、群馬県館林市で38・8度、埼玉県越谷市で38・1度、同県熊谷市で37・6度、甲府市で37・5度を記録した。東京都心でも正午過ぎに37・1度を観測するなど、都内の4カ所の観測地点で37度を超えた。

 一方、西日本では大気の状態が非常に不安定となっており、九州や中国、四国では雨や雷雨が非常に激しく降る所がある。積乱雲が発達した場所では、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要だ。