路上で女子高校生の頭にトートバッグをかぶせて抱きついたとして、警視庁は9日、東京大学大学院生の福原弘太郎容疑者(34)=東京都文京区西片2丁目=を強制わいせつ未遂容疑で再逮捕し、発表した。福原容疑者は「袋をかぶせようとはしたが、抱きついてはいない」と話しているという。

 荒川署によると、福原容疑者は6月1日午後9時15分ごろ、荒川区内の路上を歩いていた10代の女子高生に後ろから近づき、持っていた布製のトートバッグを頭からかぶせて抱きつき、わいせつな行為をしようとした疑いがある。女子高生が悲鳴を上げたため、逃走したという。

 現場付近の防犯カメラの映像などから福原容疑者が浮上した。福原容疑者は8月2日、豊島区内で別の女子高生を追いかけてマンション内に立ち入ったとして、現行犯逮捕されていた。