大阪市平野区の市営住宅の一室で刺されたような傷が数カ所ある男性(66)が死亡していた事件で、大阪府警は10日、同居する内縁の妻で自称アルバイトの根来美江子容疑者(55)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。遺体について「放置も遺棄もしていない」と容疑を否認しているという。

 平野署によると、死亡したのは、住人の李洙漢(りしゅうかん)さん。根来容疑者は9日午前、自宅の台所付近に李さんの遺体を遺棄した疑いがある。根来容疑者は「自分が起きたとき夫は床の上で寝ていて、冷たくなっていた」と話しているという。

 府警は司法解剖して李さんの死因を調べる。