タクシー運転手に暴行し、乗車料金を踏み倒したとして、警視庁は10日、三菱商事社員の男を強盗の疑いで逮捕し、発表した。「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認しているという。

 品川署によると、男は10日午前0時10分ごろ、乗車していたタクシー内で、運転手の男性(49)から料金約7千円を請求されたのに、「払っただろう」などと言って支払いを拒否して降車して逃走、追いかけてきた運転手の右ひざを蹴り、右胸を突いて転倒させた疑いがある。運転手にけがはなかった。