神奈川県秦野市の山林に放置されたスーツケースから中国籍の姉妹が遺体で見つかった事件で、県警は11日、横浜市青葉区荏田西3丁目の派遣社員、岩崎竜也容疑者(39)を殺人の疑いで再逮捕し、発表した。岩崎容疑者は「黙秘します」と話しているという。

 捜査1課によると、岩崎容疑者は7月6日ごろ、同市中区日ノ出町2丁目のマンションの一室で、この部屋に住む陳宝蘭さん(25)と、その妹の専門学校生、陳宝珍さん(22)の首を絞めて殺害した疑いがある。

 岩崎容疑者は宝蘭さんが勤めていた飲食店の客で、宝蘭さんとは数年前に知り合ったという。姉妹の部屋に7月6日午前3時ごろ侵入し、翌7日午前3時ごろまで姉妹を監禁したとして、監禁と住居侵入容疑で逮捕された後、姉妹の遺体を遺棄した容疑で再逮捕されていた。