福岡県古賀市の海岸で11日に4人がおぼれた水難事故で、福岡県警は12日朝、行方不明になっていた父子2人が海岸と海中で見つかり、亡くなったと発表した。4人全員の死亡が確認され、いずれも水死だった。海岸から沖合に向かって海水が強く流れる「離岸流」に巻き込まれた可能性があると県警はみている。

 粕屋署によると、新たに見つかったのは福岡県宇美町、父親で会社員の小野克弘さん(36)と長男で小学生の健(たける)君(7)。

 事故は11日午後1時50分ごろ発生。健君と、内縁の妻の子で次男の森尾陵ちゃん(5)がおぼれ、助けに向かった小野さんと、会社員の寺田一也さん(49)=福岡市東区=も波にのまれた。陵ちゃんと寺田さんは間もなく見つかり、死亡が確認された。

 現場の海岸は離岸流が発生して危険なため、古賀市は遊泳禁止にしている。粕屋北部消防本部によると、水遊びや釣りの穴場スポットとして利用者は多く、水難事故が多発しているという。