京都市東山区の三十三間堂の敷地内に侵入したとして、京都府警は13日、大阪市此花区の会社員の男(27)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕し、発表した。男は「酒を飲み終電に間に合わなくなったので、三十三間堂で寝ようと思った」と話し、容疑を認めているという。

 東山署によると、男は三十三間堂の敷地に侵入して、千体千手観音立像が並ぶ国宝・本堂の東側にある回廊のベンチで、午前4時半ごろに寝ていた疑いがある。

 男は午前4時ごろ、北東側の柵(高さ2メートル)をよじ登り敷地内に侵入。回廊で寝ているところを警備員が見つけ110番通報し、駆けつけた署員に逮捕されたという。文化財への被害は確認されていない。(久保智祥)