非常に強い台風18号は14日午前0時現在、沖縄県宮古島の北約100キロの海上を時速15キロで北西へ進んでいる。中心付近の最大風速は45メートルで、宮古島と石垣島が暴風域に入っている。気象庁によると、16〜17日に九州に接近、上陸する可能性がある。

 14日午前0時現在の中心気圧は950ヘクトパスカル。台風は勢力を強めながら東シナ海を北上、15日には進路を東よりに変え、さらに北上するとみられる。気象庁は宮古島地方に対し、土砂災害、落雷や竜巻などの激しい突風への注意を呼びかけている。

 沖縄電力によると、14日午前0時45分現在、宮古島市を中心に2万20戸が停電している。13日は宮古島や石垣島を発着する航空便が欠航した。