世界最高齢だったジャマイカの女性バイオレット・ブラウンさんが15日、北部モンテゴベイの病院で死去したと、地元メディアが伝えた。117歳だった。国際研究者団体「ジェロントロジー・リサーチ・グループ」などによると、これによって鹿児島県喜界町の田島ナビさん(117)が世界最高齢となる見通しだ。

 ジャマイカのホルネス首相は「世界最高齢のバイオレット・ブラウンさんが亡くなった。安らかにお眠りください」とツイートし、ブラウンさんの死を悼んだ。同首相によると、ブラウンさんは1900年3月生まれ。

 田島さんは1900年8月生まれで、現在は同町内の介護施設で暮らす。鹿児島県によると「施設職員の声かけにも応じ、食事もしっかりと召し上がる」という。敬老の日の18日には、鹿児島県の三反園訓知事が田島さんを訪問する予定となっている。