第1管区海上保安本部(北海道・小樽市)によると、8日午後3時半ごろ、北朝鮮から来たとみられ、同本部の立ち入り検査を受けていた木造船がエンジンを起動し、動き出した。逃走をはかったとみられるという。午後4時半ごろ、木造船にロープをつけ、巡視船の方向に引航している。

 海保によると、乗組員がエンジンをかけたとみられ、木造船と巡視船とをつないでいた綱が切れていたといい、木造船の乗組員が切断した可能性もある。木造船は、かじが壊れており、自力航行には支障があるとみられる。木造船が動き出した後、巡視船などが静止を呼びかけていた。

 木造船は先月、北海道・松前小島沖で漂泊しているのを発見された。