英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は11日、今年の世界大学ランキングを発表した。日本から上位200校に入ったのは昨年同様2校のみで、36位の東京大(前年42位)と65位の京都大(同65位)。アジアでは中国の存在感が目立った。

 アジアでのトップは中国の清華大が23位(同22位)。続いて、24位北京大(同31位)、25位シンガポール国立大(同23位)、35位香港大(同36位)と続いた。200位以内には中国本土7校、韓国6校、香港5校が入った。