愛知県内の東名高速を走行中の乗用車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンのようなものを撃たれた事件で、愛知県警が、器物損壊容疑で40代の男の逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると8日午前7時ごろ、ワゴン車が前方を走っていた車にクラクションを鳴らしながら何度も急接近した。男は、ワゴン車の運転席側の窓からエアガンの弾のようなものを発射し、前方の車を傷つけた疑いがあるという。

 ワゴン車は約1時間20分後、岐阜県瑞浪市内の中央道で燃料切れで止まっていた。岐阜県警の警察官が事情を聴こうとしたところ、男は、同乗の女性と車を残し逃走。車内からエアガン1丁が見つかっていた。

 京都市の名神高速でも、8月に似た車から同じような被害に遭ったという情報が寄せられており、愛知県警が関連を調べている。