あおり運転が厳罰化される。罰則を科して、免許を取り消す改正道路交通法が30日、施行された。また、相手にけがをさせたり、死亡させたりした場合に適用される危険運転致死傷罪に、走行中の車の前での停車行為などを加える改正自動車運転死傷処罰法も7月2日に施行される。

 改正道交法は、あおり運転を「妨害運転」として新設。相手の車両の走行を妨げるために、危険な方法で一定の違反をすることと定義した。

 対象となる違反は、10項目あり、対向車線からの接近や逆走▽急ブレーキ▽車間距離の不保持――など。ほかに、急な車線変更▽左からの追い越しや乱暴な追い越し▽ハイビームの継続▽不必要なクラクションの反復▽幅寄せや蛇行運転▽高速道路での低速度走行▽高速道路での駐停車がある。通報を受けた警察は、妨害目的があったかどうかについて、有力証拠となり得るドライブレコーダーや防犯カメラの映像のほか、目撃者らの供述、タイヤ痕、車両の衝突痕などから確認する。

 罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金。高速道路や自動車専用道路でほかの車を停車させるなど「著しい危険」を生じさせると重くなり、5年以下の懲役または100万円以下の罰金になる。行政処分は一度で免許取り消しになり、再取得できるまでの「欠格期間」はそれぞれ2年と3年、過去に免許を取り消された人などの上限は5年と10年とした。

 一方、改正自動車運転死傷処罰法には、危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)に、通行妨害の目的で、▽走行中の車の前で停車するなど著しく接近する運転▽高速道路や自動車専用道路で停車するなどの方法で、走行中の車を停止または徐行させる行為――を加えた。これまでは、加害者が重大事故につながるような速度で車を運転していることが要件で、停車行為が含まれるかどうか明確ではなかった。

 両法の改正のきっかけは、神奈川県の東名高速で3年前に起きた事故だ。あおり運転によりワゴン車が路上で止まり、その後大型トラックが突っ込んで一家4人が死傷した。刑事裁判(一審へ差し戻し)の一、二審判決では危険運転致死傷罪の成立は認めたが、被告の「停車行為」は同罪が規定する危険運転に含まれないとした。(八木拓郎、板橋洋佳)