東京都調布市東つつじケ丘2丁目の市道が陥没した現場近くの地中に、新たな空洞らしきものが確認されたことがわかり、東日本高速道路(NEXCO東日本)は21日夜、付近の住宅7軒に避難を呼びかけた。

 NEXCO東日本によると、陥没箇所周辺のボーリング調査をしていたところ、同日夜、地中に緩い部分が見つかった。空洞の可能性があり、赤外線レーザーで確認を進めている。