日本芸術文化振興会は22日、国立劇場(東京都千代田区)の「11月歌舞伎公演」第2部に出演していた片岡孝太郎さん(52)が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が確認されたと発表した。同日から千秋楽25日までの第2部の公演を中止した。

 片岡さんは22日、発熱の症状があり、PCR検査を受けたという。第2部の「毛谷村」は片岡仁左衛門さん(76)が主演で、長男の孝太郎さんと共演していた。濃厚接触者については確認中だという。

 楽屋や舞台などを消毒し、「客席への影響はないことを保健所の実地検査で確認した」として、第1部は23日以降も予定どおり上演する。