14日午後3時ごろ、栃木県那須塩原市中内の工事現場で、東北道に架かる陸橋の橋脚耐震補強工事をしていた関係者から、「作業員2人が土砂に生き埋めになった」と119番通報があった。駆けつけた消防署員が2人を救助して病院に運んだが、2人とも死亡が確認された。

 県警那須塩原署によると、亡くなったのは那須塩原市東小屋の村越丈洋さん(25)と那須塩原市埼玉の浅利涼介さん(20)。

 消防などによると、2人は耐震補強のため橋脚周辺に掘った深さ約3メートルの穴の中で作業していたところ、周辺の土砂が崩れて埋まってしまったという。