通行人からマスクをひったくったとして、警視庁は8日、東京都大田区本羽田2丁目の会社員、片桐弘貴容疑者(32)を窃盗容疑で逮捕した。「身に覚えがない」と否認しているという。

 蒲田署によると、片桐容疑者は3月12日午前1時ごろ、同区蒲田3丁目の路上で、歩いて帰宅中だった20代の会社員女性がつけていた布マスクをひったくった疑いがある。

 自転車で女性の後ろから近づき、追い抜きざまに口元の布マスクだけを奪い、そのまま逃走していたという。女性にけがはなかった。現場周辺の防犯カメラの映像から、片桐容疑者が浮上したという。

 JR蒲田駅周辺では昨年から、夜間に1人で歩いていた女性がマスクをひったくられる被害が、署が把握しているだけで数件あり、関連を調べている。