日本の南の海上にあった熱帯低気圧は23日午前9時、台風15号になった。気象庁が発表した。中心の気圧は1千ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。時速約20キロで北に進んでおり、24日にかけて西日本から東日本の太平洋側へ接近する見込み。

 同庁によると、中心の北側280キロ以内と南側185キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。23日午後9時には和歌山県の潮岬付近に、24日午前9時には、静岡県の御前崎市付近に達する見込み。その後、温帯低気圧に変わり、25日午前9時には千葉県銚子市の東北東へ進むとみられている。

 24日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、近畿、東海各地方で200ミリ、関東甲信地方で120ミリ。25日午前6時までの24時間では、東海地方100〜200ミリ、関東甲信地方100〜150ミリとしている。