岸田文雄政調会長は3日午前、党役員の就任記者会見で、安倍晋三首相が目指す憲法9条の改正について「党内で丁寧な議論を行うことが重要。丁寧な議論を続けることで国民の理解も進む」と述べ、慎重に議論を進めるべきだとの考えを強調した。

 岸田氏は首相の改憲提案後も「今は9条の改正は考えない」と異論を唱えていた。この点について、「私の考えは従来と変わっていないが、私の立場は、私の考えを実現することではなく、党内の活発な議論の環境を作って、党の結論を出すことだ」と語った。

 首相の経済政策アベノミクスに対しては「大きな成果が上がっている」と評価する一方、「成長と分配の好循環を完成させなければならない。それが格差の問題だとか消費環境の問題ではないか」と持論を述べた。

 党の政策を取りまとめる政調会長に就いた岸田氏が、首相の看板政策を推進しつつ、「ポスト安倍」候補として独自色を出せるかが今後の焦点となる。