■二階俊博・自民党幹事長(発言録)

 日本の政治もいろいろ言われて、もみくちゃにされながら先般、内閣改造などを行い、ようやく軌道に乗ったというか、落ち着きを取り戻しつつある。

 多くの人のご意見をちょうだいしながら、内閣が国民の期待に応える真剣な、一歩一歩の努力が大変大事だ。何かちょっとやったからといって、急に支持率が飛び上がるとか、何か特効薬があるとか、そんなものは政治に最初からあるわけがない。支持率を気にしてやっていくのは当たり前だが、そのことばかりに気を取られるのではなく、原点に立ち返って地域住民の期待に応える。その成果が、後に支持率になる。(新潟県柏崎市での講演で)