大陸間弾道ミサイル(ICBM)を2度発射した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の新たな制裁決議について、河野太郎外相が6日、「きちんと実行されれば、北朝鮮のミサイル開発に流れていたお金を相当とめることができる」と評価した。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議に出席するため、訪れたマニラで記者団に答えた。各国がどこまで厳格に決議を履行するかは不透明であることも踏まえ、「決議はしたが尻抜けになったということがないよう、きちんと皆で実行していこうと確認していきたい」と述べた。(マニラ=松井望美)