江崎鉄磨・沖縄北方相は9日、米軍オスプレイが豪州沖で墜落した問題に関連し、「日米地位協定は少し見直さないと(いけない)」と発言したことについて、政府方針との食い違いはないと改めて強調し、「言葉足らずのところがあったのではなかろうかと思っている」と釈明した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の視察などを終え、那覇市で記者団の取材に答えた。

 江崎氏は発言の真意について、「日米地位協定のあるべき姿を追求していかねばならないという気持ちで申し上げた」と手元のメモを読み上げた。見直すべきだと考える協定の具体的内容を問われると、「将来の長い問題。小野寺(五典)防衛相がオスプレイの事故について運航はしばらく自粛してもらいたいと。ただ、次の日にまた飛んでおったようですね」と述べただけで、明確な回答はなかった。

 同行職員が取材打ち切りを告げると、江崎氏は「私も疲れたね」と笑顔で立ち去った。