10日の衆院安全保障委員会閉会中審査で、民進党の後藤祐一氏は、初入閣した江崎鉄磨・沖縄北方相が「日米地位協定は少し見直さないと」とした発言について、「真意を聞きたかったが、与党の反対で来られない。(江崎氏の発言は)正しいのではないか」と質問した。

 与党の反対で委員会に出席しなかった江崎氏に代わり、福田峰之副大臣(沖縄北方担当)が江崎氏の発言の趣旨を説明。「安倍政権で2度にわたって(日米地位協定の)大きな見直しを行っている。今後とも米国に対して言うべきことは言い、目に見える改善を一つひとつ積み上げていく中で、日米地位協定のあるべき姿を追求していくべきではないか、というような気持ちを申し上げた、ということを(江崎)大臣に確認した」と述べた。