小池百合子・希望の党代表(東京都知事)は13日、衆院選後の安倍晋三政権との大連立について、記者団に「ございません。希望の党は是々非々の対応を進めていく」と否定した。

 小池氏は希望の党代表に就任以降、安倍政権への批判を強め、街頭演説でも「(衆院選で)情報公開は大きなポイント」として、森友・加計学園問題に対する批判を繰り返している。一方、これまで自民党に対する批判は控えめで、選挙後の首相指名について、これまで「選挙の結果次第」とあいまいにしてきた。このため、安倍首相以外との自民の議員らと連携する可能性を排除していないとみられている。