総務省統計委員会の西村清彦委員長が12日午前の衆院予算委員会を欠席した。午後には出席するという。委員会に先立つ同委理事会で与党側から野党側に連絡があった。野党は「話が違う」と反発している。

 西村氏は昨年12月13日の統計委の会合で、厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査を指摘し、一連の統計不正問題が発覚するきっかけをつくった。与野党は12日の同委員会に参考人として招致することで合意していた。