17、18日に朝日新聞社が実施した全国世論調査(電話)で、新型コロナ対策として政府が打ち出す観光支援策「Go To トラベル」について尋ねると、「評価する」は47%で、「評価しない」は43%だった。40代以下は「評価する」が多く、70歳以上は「評価しない」が多いなど、世代で評価が割れた。

 「Go To トラベル」を利用したいか聞くと、「したい」36%と「すでに利用した」15%を合わせた51%が、「したくない」46%をやや上回った。年代別では、30代以下は「したい」が多く、50代以上は「したくない」が多数だった。コロナの感染再拡大を「大いに心配している」層では、「利用したくない」52%が「利用したい」31%を上回った。

 東京五輪・パラリンピックについてどうするのがよいか、3択で聞いた。「来年の夏に開催」は41%で、7月に同じ質問をしたときの33%から増えた。「再び延期」は26%、「中止」は28%だった。