菅政権にとって初の国政選挙となる参院広島選挙区の再選挙と参院長野選挙区の補欠選挙が8日、告示された。いずれも与野党対決の構図で、「政治とカネ」の問題や新型コロナウイルスの対応が争点となりそうだ。13日告示の衆院北海道2区補選とともに25日に投開票される。

 広島再選挙は、公職選挙法違反(買収)の有罪判決が確定した河井案里氏=自民党を離党=の当選無効に伴うもの。立候補を届け出たのは、公明が推薦する自民新顔の西田英範(ひでのり)氏(39)や、立憲民主、国民民主、社民が推薦し、共産が支援する諸派新顔の宮口治子氏(45)のほか、NHK受信料を支払わない方法を教える党の新顔ら計6人。

 長野補選は、立憲の参院幹事長だった羽田雄一郎氏が昨年末に新型コロナに感染して急逝したことに伴う。立候補を届け出たのは公明が推薦する自民新顔の小松裕氏(59)や、共産、国民、社民が推薦する立憲新顔の羽田次郎氏(51)のほか、N党新顔の3人。