(17日、大相撲名古屋場所9日目)

 幕内の取組も終盤になった。閑散とする支度部屋で、出番前の宇良が言っていた。「こんな時間に、自分がここにいるのが不思議な感じ」。その10分あまり後、結び前の一番で初の金星を挙げた。

 中日の白鵬に続き、日馬富士への初挑戦。相手の持ち味である低い立ち合いの、さらに下に潜った。両手で手繰った右腕は離さない。体を右へ開き、ねじる。横綱が土俵にはった。

 「体が勝手に動きました。信じられないです。もう、(言葉が)出てこないです」。インタビュールームで、涙がこみ上げた。

 小学校で始めた相撲に「本気になった」と振り返るのが、関学大2年の夏。初心者の京大1年生に負けた。必死で食べて体重を増やし、入門15場所目の今、137キロ。入門当初は反り技ばかりが注目されたが、上位相手にもしっかり当たれる力士になった。涙の後、宇良は「通用したとは思ってません。これで終わりじゃない」と言った。

 30歳代の4横綱のうち、2人が休場で欠けた今場所。正代と北勝富士も初金星を手にしている。ともに宇良と同じ25歳だ。「そろそろ時代が変わるときかもしれないね」。この日宇良に敗れた日馬富士が、そう口にした。(鈴木健輔)