陸上の第16回世界選手権大会は4日、2012年ロンドン五輪の主会場となったロンドンスタジアムで開幕し、男子100メートル予選のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(関西学院大)の日本勢がそろって5日(日本時間6日未明)の準決勝に進んだ。この種目で日本勢3人全員の予選突破は五輪、世界選手権を通じて初めて。

 サニブラウンは自己タイ記録の10秒05(向かい風0・6メートル)の2組1着で、全体では6番目のタイム。6組の多田は10秒19、4組のケンブリッジは10秒21でそれぞれの組の4着となり、各組4着以下の上位6人に食い込んだ。世界記録保持者で今大会で引退するウサイン・ボルト(ジャマイカ)は10秒07の6組1着で余裕の発進だった。

 この日唯一の決勝種目となった男子1万メートルは、五輪2大会連続金メダリストのモハメド・ファラー(英)が3連覇に輝いた。