(8日、高校野球 済美10―4東筑)

 元エースの今夏初めての出番は九回、代打で回ってきた。「抜けると思ったけど」。東筑の背番号10の山本悠可(3年)がとらえた当たりは右翼手に好捕された。春は背番号1。だが2年の石田が急成長し、夏の福岡大会を1人で投げきった。甲子園での登板も、ないまま終わった。文武両道をうたう野球部で成績は最上位。物理が得意で、京大工学部を志望する。「3日休んだら受験勉強を始めます。最後にレギュラーを外れたのが悔しいから大学でも野球を続けたい」