(9日、高校野球 明徳義塾6―3日大山形)

 接戦を明徳義塾が制した。延長十二回、2死一、二塁で谷合の内野安打が敵失を誘い、勝ち越しの走者が生還。六回から救援した市川を、野手も再三の好守でもり立てた。日大山形は2番手の中西が粘投を続けたが、攻撃陣が好機を生かしきれなかった。