(9日、広島2―2ガ大阪)

 やはり、ガ大阪にMF遠藤は欠かせない。3試合ぶりの先発起用で、今季初得点。2013年のJ2時代も含め、Jリーグ20年連続となるゴールを決めた。

 1点を追いかける後半2分だった。藤春が敵陣左サイド深くから低いクロスをあげて、アデミウソンが近いサイドで守備選手を引きつけた。ボールは遠いサイドに転がり、遠藤が滑り込みながら右足を出してネットを揺らした。

 1998年、遠藤は横浜フリューゲルス(現横浜マ)でプロになり、同年に初ゴールを挙げた。「ゴールに絡むことも仕事の一つ」と遠藤。昨季、MFではJ1史上2人目の100得点も記録した。今季は控えに回ることも増えたが、この日は7試合ぶりにフル出場して健在ぶりをアピール。長谷川監督も「さすが、ヤット(遠藤)」と称賛を惜しまなかった。(大西史恭)