(9日、高校野球 前橋育英12―5山梨学院)

 前橋育英打線が集中力を発揮した。三回2死から3連続適時打と小池の2ランなど打者10人で5点。再び打者一巡の六回は飯塚の3ランなどで4点を加えた。山梨学院は四回に五十嵐が3点三塁打。六回も4安打を集めて追い上げたが、反撃が遅かった。