(11日、高校野球 秀岳館6―4横浜)

 序盤に相手先発を打ち崩した秀岳館が逃げ切った。一回、先頭竹輪の右翼線三塁打を皮切りに、計4安打で3点を先制。七回にも加点し、川端、田浦の継投で4点に抑えた。横浜は七回、2死から福永が左中間3点本塁打を放ったが、4安打に封じられた。