女子100メートル障害の木村文子が日本陸上界にとって価値ある走りをみせた。この種目では、日本勢で初めて進んだ準決勝。勢いよく飛び出し、自分以外は全員が今季12秒台を出している選手らと序盤は互角に競り合った。やはり、後半は引き離され、実力差を痛感したが、「幸せでした。私を超える選手がどんどん出てくると期待しています」と目を輝かせた。