(12日、高校野球 神戸国際大付5―4北海)

 有無をいわせぬ2打席連続アーチだった。

 神戸国際大付の2年生、谷口が最初にスタンドをわかせたのは六回無死。初球の直球をたたいて、左中間席に同点弾を打ち込んだ。

 「1球で決めてやろうという気持ちで振った」。こんな果敢な心持ちになれたのは、四回、北海の右の先発阪口を攻めたてて左の多間にスイッチさせたから。

 それまでは三振に一ゴロ。実は対戦相手が決まったあと、多間を想定して左投手対策に重きを置いてきた。「左に代わったとき、来たな、とうれしかった」

 もう一つ。五回を終わり、先輩に「足を上げすぎ」と間合いの取り方で助言を受けた。重なったプラス材料にアクセルをふかされ、七回にもうひと暴れ。

 2球で追い込まれたあと、3球目のこれも直球だった。北海バッテリーは一つ外角に外したかったそうだが、少し中に入った。「前の打席につられて大きいのを狙わないようにした」。谷口は十分に踏み込みつつ、逆らわない。打球は右翼ポール際フェンスの向こうで、逆転3ランとなって弾んだ。

 それにしても、しんどかった。北海には軽打でつながれ、じりじりと圧をかけられた。七回は内野安打と内野ゴロで勝ち越され、昨年準優勝した伝統校の流れにのまれそうな展開。それをパワーで見事に打開し、谷口はほおを緩めた。「歴史の一ページをめくれました」。そう、チームは3年ぶり2回目の夏の甲子園で、これが初勝利だった。(隈部康弘)

     ◇

 ○花村(神) 八回から救援し、2死三塁のピンチを乗り切り2回無失点。「1球投げるたび応援が聞こえて楽しかった」