(13日、高校野球 明豊7―6坂井)

 明豊がシーソーゲームを制した。勝ち越された直後の八回、三村の適時二塁打で1点差とし、2死から浜田が左翼に逆転の2点本塁打を放った。坂井は六回に下位打線の集中打で追いつき、八回に敵失絡みでリードしたが、左腕吉川が15安打を浴びて力尽きた。