大相撲秋場所(東京・国技館)8日目の17日、左ひざのけがで6日目から途中休場しているカド番の大関照ノ富士(25)=伊勢ケ浜部屋=が11月の九州場所で関脇に転落することが確実になった。ここまで1勝で、9日目の再出場も断念したため、負け越しが確定した。大関在位は14場所で終わる。大関から関脇への転落は現行の降格制度となった1969年名古屋場所以降では、今年春場所の琴奨菊以来で、17人目(20例目)。

 照ノ富士は関脇だった2015年夏場所で初優勝し、年6場所制となった58年以降では初めて、三役在位2場所で大関に昇進した。規定により九州場所で10勝以上すれば大関に復帰できる。