(15日、明治神宮大会決勝 日体大3―0星槎道都大)

 星槎道都大の先発福田(3年、横浜創学館)は1球を悔やんだ。両チーム無得点で迎えた五回1死一塁、外角を狙った直球が真ん中に。「あっ、行ったなと思いました」。打球は左翼席で弾んだ。初戦で完封、準決勝で5回1失点とチームの躍進の原動力になった左腕。「やっぱり勝ちたかった。新チームは底上げして、ここに戻ってきたい」と雪辱を誓った。