プロ野球日本ハムは7日、球団OBで独立リーグの石川に所属していた多田野数人(37)がチーム統括本部プロスカウト、今季限りで戦力外になった榎下陽大(29)が同国際グループに着任すると発表した。

 多田野は大リーグ・インディアンスなどに所属した後、2007年のドラフト会議(大学・社会人対象)で1巡目指名されて日本ハムに入団し、14年まで先発や中継ぎで活躍した。退団後、15年からは独立リーグ石川に所属した。