国際スケート連盟(ISU)は、7日のグランプリ(GP)ファイナル男子ショートプログラム(SP)で3位になったミハイル・コリャダ(ロシア)の会見での発言を訂正すると8日発表した。

 訂正したのは、国際オリンピック委員会(IOC)が平昌五輪からロシア選手団を除外したことへの感想を求めた質問に対する発言。当初、「ロシアが犯したことを考えれば当然。その決定に従って、私はロシアの代表としては、五輪に出ることはありません」と日本語に通訳されたが、正しくは「ロシア選手が出場できるのは正しい決断だった。ロシアチームが参加しない五輪は想像できないから」だとした。