(17日、東都大学野球 亜大12―3中大)

 「公式戦では初めて」という2打席連続の本塁打で計7打点を挙げた今秋のドラフト候補、亜大の主砲の頓宮(とんぐう)裕真(4年、岡山理大付)は「昨季より力はついたと思います」と満足そうに振り返った。

 三回、1点を先取してなお2死満塁の好機に打席に立つと「狙っていた」という直球を力強く振り抜き、左翼席へ。続く四回は2死二、三塁の場面で、変化球にやや泳がされながらも、巧みにとらえて再び左翼席へと運んだ。「左足に体重をうまく乗せることができました」。開幕前のキャンプで、左足をすり足気味にするよう打撃フォームを修正。その成果が出ているという。

 主将で4番。ポジションは本来捕手だが、この日は一塁手で出場した。投手陣が調整に苦しむ中、「捕手をやると意識がリード中心になってしまう。彼が打たないと点が入らないので、打撃に専念させたかった」と生田監督。その狙いがズバリ当たった格好だ。オープン戦の終盤に配置転換を告げられたという頓宮は「やりたいのは捕手ですが、なによりチームが勝つことが大事。これからもチャンスで打っていきたい」と決意を話した。(杉山圭子)